独学するなら、韓国語!なぜ日本人は、他の言語に比べて韓国語が学びやすいのか。

Language

韓国語を、学べる楽しさ



韓国語を勉強するにあたって、“成長している自分”、“韓国語を理解できるようになる自分”を感じることはモチベーション維持のためにとても大事なことです。でも、独学で勉強をしていると傍に韓国人の先生がいるわけでもなし、外に出れば韓国語の書かれた店が並んでいるわけでもなし、どこで自分のモチベーションを保てばいいのか不安になりますよね。





ドラマ・K-POP


Photo by Devi Puspita Amartha Yahya on Unsplash


この何年の間にK-POPや韓国ドラマが日常に溶け込んでいる、日本!!


海外チャンネルではないのに!韓国語が流れるテレビ!よく考えてみてください!これって、とってもチャンスなんです。テレビの影響力ってすごいですよね。自然と耳に入るCMが、いつの間にか鼻歌として出てくるときの中毒性ですよ。韓国語のドラマで、K-POPで、一日学んだことが一つでも理解できるようになると想像してみてください。“字幕なしでドラマが理解できる自分”、“聞いただけでどんな曲か理解できる自分”を想像するとやる気を維持することが出来ます!

勉強する目的はすぐそばにあります!
テレビつけましょ!youtube開いちゃいましょ!






第二言語を学ぶ、メリット



「三か国語目からは習得が、早い」こうやっていう人が多いこと、おおいこと。なぜなのでしょうか?ヨーロッパの大陸で、三か国語話せる人は、そっこら中にいます。ヨーロッパの言語でお馴染みのフランス語やらドイツ語、また英語やスペイン語までもラテン語から来ているとか、影響を強く受けているとか言われているんです。


これは私の完全な自説なんですが、ラテン語から来ている言語が母国語の方にとっては、少しでも似ているその他の言語は習得しやすいのではないかということです。



第二言語、第三言語だからというより、少しでも母国語に近い外国語を学ぶことが習得の近道になる。


日本も韓国も少し形は違いますが、理解できる範囲の漢字を使います。漢字の読み方、つまり発音が似ているものから、日本語と全く同じような発音をする言葉まであります。まずは、同じ発音の言葉を見つけていくことで単語力をあげていけます!






自分に合った方法



外国語を勉強するにあたって、自分の学びやすい方法を知ることは習得する上でとても、役に立ちます。学ぶに際して必要となる形は、大きく分けて4つあります。この4つを組み立てて自分に合うやり方を探すことが出来ます。簡単に説明していきます。





一つ目は、書くことです。

これは、紙に書くことで頭に入りやすい方がよく使います。紙に書くことで整理されて関連性がハッキリします。これにより、理解することと学ぶことが繋がる方法です。



二つ目は、目で見ることです。

これは、字の形から理解する方法です。日本語でいう漢字を読むことは出来るけど書けない方は納得されると思います。目で形を見ることで意味が結び付けられる方法です。




三つ目は、聞くことです。

K-POPが大好きな友達は、何百回と同じ曲を聴いているうちに何となく意味が分かってきたと言います。もちろん日本語字幕をみて歌の内容を知っています。聞きながら一つ一つの音の違いを聞きわけたということです。



四つ目は、話すことです。

これは、聞くことにも関連します。何度も同じ言葉を口に出すことで口の動きに慣れていきます。また、発した言葉を聞くことで口の動きと音が連結され学ぶことになります。




学びやすい方法は、人それぞれ違います。組み合わせ方は、千差万別です。私は、色々試した結果、形をみて、話して聞いて理解する方法に行きつきました。《オーディオブックを聞きながら字を追って、私もオーディオの声を真似て話すことは私にとても合う勉強法》自然と単語力がつきましたし、言い回しによる文法力もつきました。



このやり方で、第三言語に挑戦すると理解度が早いことがわかり、今も続けています。自分に合うやり方を見つけるまでは途方もないようですが、合わない方法で苦しみながら学ぶよりも希望的だと思いませんか。



まとめ



日本語でも、常に流行りの新しい言葉は増えて、一つに単語の意味が増えていく世の中です。外国語も同じく学び続けることが大切になります。

ただ、ひとつ考えていただきたいのは、日本人でも知らない日本語があります。日本人も学校で日本語を学びます。どの国でも同じく学び続けることが当たり前です。なので、わからない事に恥ずかしさを感じない少しずつ学ぶ楽しさを感じていただければきっと続けて学ぶことが出来ますよ!

Photo by Prateek Katyal on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました